03-5224-5551(代表)

診療時間

  • 金曜日 14:00 ~ 19:00(毎週)
  • 土曜日 9:30 ~ 19:00
        (第1・3・5土曜)
  • ※医師のスケジュールにより、変更となる場合がございますのでご了承ください。

東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリー
プレイス丸の内10F

大きい地図を見る

メンズヘルスクリニック東京 > 男性妊活外来 > 男性不妊について

男性不妊について

今や男の10人に1人が精子に問題を抱える時代。不妊の原因の半分は男性側にあるのだが、それを知っている人は少ないのが現状です。男性が不妊の原因となる場合、射精がうまくいかない(性機能障害)、射精される精液の中の精子の数や運動率が悪くなっている(精液性状低下)、という2つの場合にわけられます。
また不妊治療はパートナーだけでなく、仕事や経済面など患者様を取り巻く様々な状況も加味しなければなりません。2人で悩まずに、まずは専門の医師にご相談ください。

一般的に、不妊治療といえば女性側に対しての治療が多くなりますが、男性不妊専門外来であれば、詳しい検査結果を元に男性側に対しての不妊治療を行うことも可能となります。不妊の原因は双方にある可能性がありますので、女性だけではなく、男性側も検査を受け、妊活に取り組んで行きましょう。

男性不妊の現状

日本での不妊の定義は「健康な夫婦が避妊をしないで夫婦生活を送っているにもかかわらず、1年間妊娠しないこと」をいいます。
健康な夫婦が避妊をしない場合、妊娠する確率は1周期(月経から次の月経までの日数)あたり15%程度あるといわれるので、1年間で考えると(ひと月に1回月経があるとすると)、85%のカップルは1年以内に妊娠することになります。
現実的には、1年間妊娠しなければ妊娠しにくい状況、つまり不妊と考えて差し支えありません。また、結婚・出産年齢が上昇している現代日本では、以前に比べて社会的に妊娠しにくい状況と考えられます。
日本には大規模な不妊の調査研究は存在しません。また、子どもを望んでいない場合もあるために、実際にどのくらいの割合で不妊に悩むカップルが存在するかの確実なデータはありません。一般的には10組に1組といわれますが、6〜7組に1組という説もあります。
WHO(世界保健機関)の報告によると、男性が不妊原因にあたる場合は約半分との調査報告があります。日本の男性不妊に悩む人は推定52万人とされています。これは同年代の糖尿病の患者数より多いのです。男性不妊は、珍しいことではなく、また恥ずかしいことでもないことをご承知おきください。

※生殖年齢を25〜39歳と仮定、2012年の厚生労働省発表の人口動態速報では1560万3000人。そのうち2/3が女性とカップルになり子どもを望むと仮定。10%が不妊であり、半分が男性不妊とすると、約52万人という計算になる。

男性不妊の症状と原因

男性不妊には先天性と後天性のものがあります。
先天性のものには、遺伝的要因や発育段階で受けた影響等があり、後天性のものには、ストレス、アルコール、喫煙、肥満、病気や薬の影響、精巣の損傷もしくは機能障害、精子の産出あるいは射精に関するトラブルなど様々なものが考えられます。

男性不妊の症状

無精子症 精液中に精子が一匹もいない状態ですが、精巣や精巣上体に精子が存在していれば、顕微授精などの不妊治療で受精・妊娠することが出来ます。
乏精子症 精子の数が少ない症状です。精子の数が基準を少し下回る程度であれば、タイミング法などを行います。さらに精子の数が少ない場合、人工授精、体外受精、顕微授精等の不妊治療を行います。
精子無力症 精子の数は正常にあるけれど、製造された精子の運動率が悪い症状です。その精子の状態により人工授精や顕微授精などの不妊治療を行ないます。
精索静脈瘤 血流の障害で腫れが発生し、陰嚢内の温度が精巣の発育不全などを発症し、精子形成に悪影響を与えてしまいます。
閉塞性無精子症 精管の一部が癒着等で、精子の通り道が詰まり、精液のなかに精子がいない状態です。
先天性精管欠損 生まれつき精管が備わっておらず、精子が精巣内に閉じこめられた状態です。
膿精液症 前立腺や精嚢等の炎症により、精液中に白血球が増え、精子の運動率を低下させてる状態です。
無精液症 精液が造られない状態です。
逆行性射精 精液が尿道に送られずに膀胱に逆行する状態です。
勃起不全(ED) 性交時に十分な勃起が得られない、あるいは十分な勃起が維持できずに、満足な性交が行えない状態です。
膣内射精障害 膣内で射精することが困難になる状態です。

メンズヘルスクリニック東京は、婦人科での不妊治療やブライダルチェックをためらっている方のための
男性妊活外来を設立しております。

少しでも気になる方はお問い合わせください。

婦人科での不妊治療やブライダルチェックをためらっている方は、当院にお問い合わせください。
日本生殖医学会認定の専門医が適切なアドバイスをし、安心で安全な治療やアドバイスをご提供、ご提案します。

男性不妊とは?不妊の原因の半分は男性にあることをご存知でしょうか。不妊治療はパートナーだけでなく環境なども加味しなければなりません。2人で悩まずに、メンズヘルスクリニック東京・男性妊活外来の専門医師にご相談ください。

男性不妊とは(男性不妊の症状と原因)

PAGE TOP

男性妊活外来